大学で幼稚園教諭の資格を取得するには

大学で幼稚園教諭の資格を取得したいと考えるときは、就職に役立つことを考えて併せて他の資格を取得することをおすすめします。

幼稚園教諭の資格取得後の進路について

公立幼稚園の先生として働く

自治体によって運営されている公立幼稚園で働くことができます。その場合、公務員として採用されます。

私立幼稚園で先生として働く

学校法人や社会福祉法人が経営している私立幼稚園で働く道もあります。主に、書類選考や面接で採用可否が決まります。

最近増えている認定こども園で働く

幼稚園と保育園の両方の特色を併せ持つ認定こども園にて働くことも可能です。地域の子育て支援事業も行っています。

国立幼稚園の先生として働く

国立幼稚園は全国でもその割合が少ないです。採用については、各国立大学法人によって行われます。

学童保育や放課後デイサービスで働く

学童の場合は小学生を相手にするのが主な仕事であり、幼稚園とはまた違ったやりがいが感じられます。

4年制は4年で400万円の学費が相場

女性

幼稚園教諭は女性に人気の職業の一つですが、幼稚園教諭の資格は大学だけでなく専門学校や短大でも取得することができます。4年制大学で取得できるのは幼稚園教諭第一種の免許で、就職する時に初任給が高かったり、最高園長までキャリアアップできたりします。4年制大学の保育福祉課の費用は4年間で400万円ほどかかるのが相場です。短大・専門学校で取得できるのは幼稚園教諭第二種の免許で、第一種と同じ業務を行えるものの、初任給は少なくなります。また、キャリアは最高副園長までで、延長になるには第一種免許に切り替えなければなりません。短大・専門学校にかかる費用は、2年間で250万円ほどが相場です。4年制大学で一種の免許を取得するか、短大・専門学校で二種の免許を取得するかは評価の分かれるところですが、幼稚園教諭として早く現場で働きたい人は短大・専門学校で、将来的に園長を目指す人は4年制大学で免許を取得しているようです。

公立幼稚園はキャリアアップが図れる

先生と生徒

4年制大学で幼稚園教諭の免許を取得する場合、試験などは必要なく卒業と同時に幼稚園教諭第一種の免許が受領できます。大学を卒業して免許を取得してから実際に幼稚園で働くためには、教員採用試験を受ける必要があります。私立の幼稚園の場合は私立の教員採用試験を受け、合格したら幼稚園教諭として採用されます。公立の幼稚園の場合は、教員採用候補者選考試験を受け、合格したら教員採用候補者名簿に登録され、効率の幼稚園に配属されるという仕組みです。私立は公立よりも給料が高い傾向がありますが、公立は勤続年数と共に着実にキャリアアップが図れ、園長や副園長などの役職に就ける可能性も高まります。4年制大学で第一種免許を取得したなら、公立幼稚園の方がよいでしょう。

広告募集中